Androidアプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるAndroidアプリを見つけられます。

AndroRank(アンドロランク) このサイトについて
UPDATE : 2020/09/26 09:07
 すべて (33410)
 
  イベント (3)
  エンタメ (1146)
  カスタマイズ (1475)
  ショッピング (228)
  スポーツ (944)
  ツール (2692)
  マンガ (95)
  ビジネス (351)
  ファイナンス (366)
  仕事効率化 (1054)
  自動車 (47)
  写真 (799)
  書籍&参考書 (432)
  地図&ナビ (350)
  医療 (166)
  天気 (227)
  美容 (17)
  教育 (2035)
  旅行&地域 (462)
  通信 (392)
 
 ゲーム (16573)
  アクション (1710)
  アーケード (1443)
  カード (539)
  パズル (2619)
  ボード (466)
  ミニゲーム (2145)
  レース (500)
  言葉 (172)
  雑学 (172)
  頭脳系 (864)
  音楽&リズム (211)
  未分類 (80)
QuickEdit テキストエディタープロ (総合 13700位)
価格 : 320円
マーケット評価 : 4.6 (評価数 : 2,628)
ダウンロード数 : 10,000以上


  

カテゴリー : 仕事効率化 (アプリケーション)
バージョン : 1.6.7
マーケット更新日 : 2020/09/17
開発者 : Rhythm Software
動作条件 : 4.1 以上
サイズ : 4.7M
情報取得日 : 2020/09/26
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


■ 概要
QuickEditは、Androidのための速く、安定したフル機能のテキストエディターです。携帯電話やタブレットにも最適化されています!

特徴:

✓ 何度も改良され強化されたノートパッドアプリケーション。
✓ 50以上のさまざまなプログラミング言語のためのコードエディターとハイライトの構文。
✓ 大きなテキストファイル(10,000以上の行)でのハイパフォーマンスとリアルタイムのフィードバック。
✓ 行番号を表示、非表示できます。
✓ 無制限に元に戻したりやり直しができます。
✓ 行の字下げを表示、増減。
✓ 高速選択と編集。

■ マーケットレビュー
  • IME(キーボード)による変換文字列の色分けが効いてないようです。特にATOKなどの日本語入力を使っていると不便です。
  • メモ書き用に動きも軽快で便利に使っています。目に優しいブラックテーマがお気に入りです。以前jota-prokeyも使っていましたがブラックテーマが無かったのがjotaを使わなくなった主な理由です。
  • 広告を削除したのに、保存画面で広告が出てくる。何故?
  • 1.6.7で「その他」内に「ミニツールバー」という項目が加わりました。この項目がONなら、画面下部に「開く」「元に戻す」「やり直し」「検索」「保存」「閉じる」に該当するボタンアイコンが表示されるようになります。手軽に画面タップのみで操作するのなら上記をON、堅実に物理キーボードを接続して使うのならOFFにするとよいです。このような機能を追加していながら、従来の物理キーボードのPC風のショートカットキー使用にも何ら支障をきたしていません。ライトな使い方に抑えても、ヘビーな使い方に徹してもよい。あらゆる局面にアプリが対応出来るようにする柔軟な姿勢と気配り。それは簡単なようでかなり難しい事ですが、この更新はそれを驚くべき事に円滑に実現しています。
  • Quickの名を冠するに相応しいアプリ。物理キーボード接続時の使用について。別アプリのアルテ日本語入力等のIMEアプリと連動させた時、IMEバーが出ていない時にShiftキーとカーソルキーで範囲指定をすると即座にIMEバーが出ます。しかし同時になぜか指定文字や指定行が削除になる現象が起こります。この現象について対処法があります。上記の状態でCtrlキーを押しながらカーソルキーの左右のどちらかを押すとこの現象を回避してIMEバーを出す事が可能です。上記のアプリと連動させる場合はこの事を知っておくと快適に操作が出来るようになります。
  • 私が「①Quick edit」に感心したのは以下の点です。■「②FMアプリ」にはテキストエディタを付属したものがあり、これには画面右上にFDを模した「③ファイル保存ボタン」なるものがあったりする。・しかし、この③は利便性とは裏腹にエディタ本来の美点を蔑ろにするものです。・それは物理キーボードの「④ショートカットキー機能」の使用時、②の付属エディタと、①との歴然たる差から窺える。■「日本語フルキーボード」というアプリを使うと、別に物理キーボードを用意せずとも「Ctrl」や「Shift」等の④の操作が可能で、範囲指定、コピー、カット、ペースト、アンドゥ、保存などが可能だが、前述した②の付属エディタでは、③の設置の代償ゆえか、上記の「Ctrl+S」等が無効だったりする。・これでは主客顚倒というもので本物を知る人からは一蹴されるのです。■その点、①は、物理キーボードの④に、ほぼ対応している。■②の付属エディタが「あまねく大衆に、おもねて」いるなら、①は「気高く格式に準じて」いるのです。・様式美を重んじる人に、①は本領を発揮します。
  • 予想以上に使い勝手がいいです! freeを数ヶ月快適に使用してproにしました。 6万語を超える編集が出来る。 文末にどうやって飛ぶのかが分からないのと(1行の文字数が半端ないので手動はキツイ) これは今見つけた不安、開発者提供は中国の方ですね?以前優秀なアプリ(有料)を出していたのも中国人でした、愛用し課金したにも関わらずいきなりアプリを消されて往生した。 同じことになるのでは?と今不安。
  • とても良いアプリだと思います。テキストエディタとして必要な機能はほぼ揃っているし、快適に動作します。htmlタグを含んだ文章を編集する際には、プレビュー機能なんかもあって便利だし、自動保存もちゃんと機能しています。 唯一私の環境で動かないのは、内部ストレージに保存してあるファイルを「共有」機能でGoogleDriveにアップロードしようとしてもできませんでした。「共有」から別のファイラーアプリを経由して保存できました。もともとGoogleDrive上にあるファィルの上書き保存は問題ありません。
  • 使い始めて半年ぐらい経ちますが、重宝してます。新規メールや返信などに他のメールや文書から引用したりする時に、一旦こちらにコピペして整形しておいてから引用する、それをメモとして保存しておいて、他の時にも一部また引用する、などです。 文書を書くにも行番号を付けられるので良いと思います。 ちょっと直して欲しいのは、コピー範囲指定の時、次の行や他の行に飛んでしまう点でしょうか。 今後の希望として、HTML(メール)の部分コピペが出来ると良いかも。
  • 文字選択の操作性は快適ですが、長タップで表示されるメニューから「選択」をいちいちタップするのは面白くありません。スマホの画面が回転すると現行行が画面の最下部に移動してしまうのが面白ありません。スペース文字が表示されず、全角スペース文字も表示されません。



 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2017 AndroRank. All Rights Reserved.