Androidアプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるAndroidアプリを見つけられます。

AndroRank(アンドロランク) このサイトについて
UPDATE : 2020/12/05 07:34
 すべて (34304)
 
  イベント (4)
  エンタメ (1091)
  カスタマイズ (1453)
  ショッピング (225)
  スポーツ (997)
  ツール (2608)
  マンガ (92)
  ビジネス (344)
  ファイナンス (361)
  仕事効率化 (1048)
  自動車 (47)
  写真 (799)
  書籍&参考書 (434)
  地図&ナビ (348)
  医療 (153)
  天気 (218)
  美容 (17)
  教育 (2057)
  旅行&地域 (451)
  通信 (384)
 
 ゲーム (17671)
  アクション (1818)
  アーケード (1504)
  カード (600)
  パズル (2745)
  ボード (546)
  ミニゲーム (2262)
  レース (564)
  言葉 (205)
  雑学 (201)
  頭脳系 (949)
  音楽&リズム (229)
  未分類 (76)
Hourly chime PRO (総合 17962位)
価格 : 13,900円
マーケット評価 : 4.4 (評価数 : 653)
ダウンロード数 : 5,000以上


  

カテゴリー : 仕事効率化 (アプリケーション)
バージョン : デバイスにより異なります
マーケット更新日 : 2020/11/22
開発者 : Caynax
動作条件 : デバイスにより異なります
サイズ : デバイスにより異なります
情報取得日 : 2020/12/05
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


■ 概要 (この概要は翻訳表示しています。)
移行通知。
最近では、バッテリー容量が変わらないうちに、私たち全員がより強力なスマートフォンを手に入れています。そのため、一部のデバイスメーカーは、Androidシステムのバッテリー設定を完全に無視する独自のバッテリー最適化を追加しています。一部のデバイスでは、ユーザーがすべてのデバイスメーカーのバッテリー最適化をオフにした場合でも(彼は気づいていないため、開発者がアプリを機能していないと非難しています)、このアプリは遅延して動作するか、まったく機能しませんでした。

少し前に、一部のデバイスメーカーがあまりスマートでないバッテリー最適化ソリューションを使用していることを発見しました-いわゆる「アプリケーションパッケージ名」に魔法のキーワード「alarmclock」を追加すると、アプリは常に正しく動作します-バッテリーをオフにしなくてもそのための最適化。

残念ながら、各アプリケーションには独自の「パッケージ名」があるため、新しいアプリがリリースされます。これは実際には私たちのせいではありませんが、悪い評価を得るので、私たちはそのステップを踏むことにしました。
ここで「新しい」アプリを見つけることができます:https://play.google.com/store/apps/details?id = com.caynax.hourlychime.alarmclock.pro

ユーザーは単にアプリをダウンロードして使用したいだけですが、デバイスの製造元がバッテリーを節約するためにしばらくするとアプリのプロセスを停止するため、使用できません。ほとんどのユーザーは(追加の)バッテリー設定を認識していません。一部のデバイスではさまざまな場所で利用できるため、オフにするにはユーザーエンゲージメントが必要であり、「機能していないアプリ」を削除する方が高速です。一部のデバイスメーカーに関しては、すべてのバッテリー交換を行った後でも、アプリは機能しませんでした。その「目覚まし時計」を変更するまで。

Googleでは、3か月ごとに500のプロモーションコードを生成できるため、デバイスで問題が発生しているユーザーを、「古い」アプリバージョンとまったく同じアプリであるこの「新しい/ v2」アプリバージョンにゆっくりと移行できます。 'パッケージ名'のみが異なります。ほとんどのユーザーがこの「新しい」アプリバージョンに移行するまで、「古い」アプリは引き続きダウンロードできますが、現在のユーザーが引き続きダウンロードして更新できるように、新しいユーザーが「新しい」バージョンで開始できるように、より高い価格が設定されます。

■ マーケットレビュー
  • 基本は毎時ごとに音かTTSかを鳴らすアプリ。鳴らす時刻は毎正時か毎30分しか指定できないが、その時刻から遅延の分と秒を指定できる。例えば、正時から15分遅延と30分から15分遅延の設定を作り、正時と30分の設定と合わせてひとつのグループとすれば、毎正時から15分毎のチャイムを鳴らせる。ポーンという音の後にアナウンスが欲しいなら、同じグループに音のみの設定と読み上げの設定をまとめればよい。手間はかかるが、逆に設定の自由度はかなり高い。TTSに関しては、基本的に指定した正時(or30)ごとに語句を設定するのだが、デフォルトの仕組みによって自動的に語句を生成してくれる。



 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2020 AndroRank. All Rights Reserved.