Androidアプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるAndroidアプリを見つけられます。

AndroRank(アンドロランク) このサイトについて
登録アプリ数 : 40,990件
Last Modified : 2016/12/05 07:42
 すべて (40990)
 
  エンタメ (2591)
  カスタマイズ (2629)
  コミック (247)
  ショッピング (325)
  スポーツ (1056)
  ツール (5722)
  ビジネス (473)
  ファイナンス (454)
  仕事効率化 (1680)
  自動車 (23)
  写真 (1086)
  書籍&参考書 (633)
  地図&ナビ (513)
  医療 (233)
  天気 (290)
  美容 (5)
  教育 (1986)
  旅行&地域 (681)
  通信 (837)
 
 ゲーム (13630)
  アクション (1224)
  アーケード (1817)
  カード (537)
  パズル (2320)
  ボード (249)
  ミニゲーム (2935)
  レース (430)
  言葉 (72)
  雑学 (134)
  頭脳系 (388)
  音楽&リズム (122)
  未分類 (29)
短歌自動作成 更新ボタンを押すだけでカオスな短歌を作成 (総合 27797位) ※2016/06/12時点
価格 : 無料
マーケット評価 : 3.8 (評価数 : 15)
ダウンロード数 : 1,000~5,000
  

カテゴリー : 教育 (アプリケーション)
バージョン : 1.0
マーケット更新日 : 2013/08/17
開発者 : autohyougo
動作条件 : 2.1 以上
サイズ : 47k
情報取得日 : 2016/06/12
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


■ 概要
短歌自動作成アプリです。

短歌甲子園やNHKなど広く愛され、サークル活動なども
盛んな短歌ですが本アプリでは短歌を自動で
作成する事ができます!

きっとアナタにピッタリのキーワードが出てきますよ♪

【短歌とは?(wikipediaより引用)】
短歌(たんか)とは、韻文である和歌の一形式で五・七・五・七・七の五句体の歌体のこと。
短歌は記紀歌謡や『万葉集』初期の作品にはすでに見られるもので、古今を通じ広く行われ、長歌や旋頭歌が詠まれることがなくなるにつれて、和歌といえば短歌をさすようになった。五・七・五・七・七の五句体(31モーラ)の詩形は、その時代に盛んであった長い詩形との関連で呼び名が変わった。奈良時代には長歌に対して短歌、平安時代以降は漢詩に対して和歌、明治時代後半からは新体詩に対して再び短歌と呼ばれて現在に至っている。狂歌とは文体を同にするが、定義では全く異なるものである。
和歌と近代以降の短歌は、その韻文としてのかたちは基本的には変わらぬものであるが、和歌はその中で使われたいわゆる序詞や縁語、また歌枕といった修辞を重要視し、のちのちまでそれらを伝えて詠まれたのに対し、近代以降の短歌ではそういったものは原則として否定されている。すなわち前代からの和歌とは違う思想に基づいて作歌されているということである。


短歌自動作成


■ マーケットレビュー
  • 自分のしたい文字が打てない
  • 入力が文字が打ち込めない
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2016 AndroRank. All Rights Reserved.