Androidアプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるAndroidアプリを見つけられます。

AndroRank(アンドロランク) このサイトについて
登録アプリ数 : 38,342件
Last Modified : 2018/02/21 07:31
 すべて (38342)
 
  エンタメ (2202)
  カスタマイズ (2264)
  コミック (208)
  ショッピング (315)
  スポーツ (1039)
  ツール (4801)
  ビジネス (454)
  ファイナンス (457)
  仕事効率化 (1506)
  自動車 (38)
  写真 (930)
  書籍&参考書 (568)
  地図&ナビ (492)
  医療 (201)
  天気 (265)
  美容 (9)
  教育 (2082)
  旅行&地域 (609)
  通信 (684)
 
 ゲーム (14034)
  アクション (1419)
  アーケード (1592)
  カード (515)
  パズル (2317)
  ボード (277)
  ミニゲーム (2591)
  レース (430)
  言葉 (72)
  雑学 (131)
  頭脳系 (471)
  音楽&リズム (152)
  未分類 (59)
ATOK お試し版 (総合 35545位) ※2018/02/14時点
価格 : 無料
マーケット評価 : 3.7 (評価数 : 1,266)
ダウンロード数 : 500,000~1,000,000
  

カテゴリー : 仕事効率化 (アプリケーション)
バージョン : 1.8.8
マーケット更新日 : 2017/12/12
開発者 : JustSystems Corporation
動作条件 : 2.3 以上
サイズ : -
情報取得日 : 2018/02/14
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


■ 概要
このアプリケーションでは
・「ATOK (日本語入力システム)」と同じATOKを15日間ご利用いただけます
※15日間のご利用が終了したあとは、引き続きご利用いただけません


引き続きATOKを使うには
・ご利用状況にあわせてお選びください
 ◇Androidのみで使う:
 ・「ATOK (日本語入力システム)」

 ◇Android、Windows、Macで使う:

■ マーケットレビュー
  • かつて「おおさかしきたくうめだ」と入力すれば「大阪し帰宅埋めだ」と変換され、「アホトック」といわれたFEPを、最新デバイスのスマホで使わざるを得ないとは。 そりゃ今でこそ「えいとっく」でも「大阪市北区梅田」と出ますが、逆に言えば、今でもそうは出ない、あるいは連文節変換できない変換アプリ内蔵の謎な日本製や中華フォンとかだと、日本語化するための必要経費と考えざるを得ない。 日本の他社が積極的に開発されておられるようだが、残念ながらお別れすることにした。 今後「選べる日本語変換」の時代が早く訪れることを望む。
  • 試用期間が終了してアンインストールしたら日本語が打てなくなった。 まあ試用期間中にも、かなと英字の切り替えができなくなってたのでおかしいとは思っていたが。 タブレットが使えなくなって非常に困っているが土日祝はサポートなし。 誰がこんなアプリ使うか!
  • 日本語の変換自体が出来ていません。
  • 普通。無料だから機能を絞っているんだろうけど、まあ、そんな感じ。他の無料キーボードに比べると絞りすぎ感は否めないので評価もこのぐらい。
  • パソコンATOK辞書とシンクロ機能が有るのにAndroidATOKでは約三万語しかシンクロしない。パソコンでは六万語位の辞書登録ができシンクロが出来ず、意味不明。使えない。
  • 口語、連文節、専門用語の変換が弱い。パソコン版よりも相当脆弱だと思います。長文なんて誤変換だらけで使えたものではありません。正直この性能にお金を払う気にはなれないですね。
  •  お試し版なので、お試し程度の使用度で、1万円台の雑魚Android携帯にiOS用のハードQWERTYで使用のイロモノ環境でレビューします(常に横画面ハードキー使用。ソフトウェアキーボードは縦横含めて使いませんので、ほかの方々のレビューに従います)。  ロースペック携帯でももっさり感はなく、なんだかGoogle日本語入力より軽快に感じます。環境依存とは思いますが。  初見初発でアニメキャラ名やスラングが変換できないとイヤな人には不向き(追加辞書はあるみたいですが)といった印象です。このせいで「変換がくそ」といわれてしまってるのは、ちょっとなあといった感じ。逆に一般的な日本語を広範に使いたい人には適してると思いました(外国製のIMEでは足らない考慮や候補が、網羅されている)。  数度確定すれば新語も憶えるし、学習は優秀です。辞書登録時に細かな品詞や、動詞の活用を含めて登録できるのはATOKの強みかなと久しぶりにATOKを使って思いました(活用登録も使い込まないと良さがわからないのがもったいないところですが…)。  月額制のパスポート版に統合されるのが炎上気味ですが、自宅がWindows、携帯がAndroidかiOS、タブレットはAndroidの環境なので、ベーシックプラン使ってもいいかなという感想を持っています。  できればハードQWERTY時、カーソル↑は変換候補戻るのままでいいですが、カーソル↓を部分確定、ENTERは全確定にするPC版ATOK的なモードがほしいです。  あとは設定画面で次々に新WINDOW出すのはやめた方が…。
  • バックアップしたユーザー辞書が読めなかった。使いにくい。パソコンでは有名なソフトらしいけど。
  • 昔のパソコン時代から使わせてもらっていましたが、値段が高く何年も離れていました。Androidスマホを使い始めるにあたり、OSは異なりますが、すごく久しぶりにAtokを試用しました。流行っている中国の入力アプリと同時に比較したのですが、若い世代向けの機能が大幅に劣っており、それどころか後追いで取って付けたような機能もあり、さらには色々手間を掛けないと実用出来ない仕様でビックリしました。独自の入力インターフェイスの影響で直感的な操作も難しく、誤入力とイライラが増加。他にも改善したい動作が目立ち、設定で改善したくても、そのような設定もない。アプリ自体の値段も高いのに、この状況に衝撃を受けました。変換率については検証する気もなくなってしまったので、他の方を参考ください。唯一の利点は会社の信頼性よる情報流出の危険が低いことだと思います。アプリVer1.8.4(2016/12/18公開)
  • いろいろ惜しい一太郎、PC版ATOKの愛用者です。 改善点がいくつかありますが、それさえ直せば余裕で星5だと思います。現状でも星5ですが、できれば星4.5をつけたい。   まずは利用者側からでも応急処置が可能な改善点から。(改善点一つ目)フラワー入力を推したいのはめちゃくちゃ感じますが、この体験版を導入する人の大半はgoogle日本語入力などのフリック式からの移住とみられます。デフォルトの入力方式をフリック式にしましょう。(改善点二つ目)学習はデフォルトでオンにしておいてください。他製品では基本オン、必要なときだけシークレットモードに入るようになってます、ご参考までに。   ここからは消費者側からは対応不能な要望です。[要望1]長文を入力する際、ある程度の文節に区切って変換予測を出してください。(例)「きしゃがきしゃできしゃした」→「記者が」「汽車で」「騎射した」の三つに分けて一つずつ三段階で変換予測 [要望2]日本語パネルから直接絵文字一覧に飛ばして欲しい  文句ばっかりだとなぜ星5なのかわからないと言われそうなのでいい点を紹介しま………アッ(察し)字数が足りない。まぁ現時点でも設定さえなおしてしまえば超使い易いです。
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2017 AndroRank. All Rights Reserved.