Androidアプリをランキング掲載! レビューを分析して日本で人気のあるAndroidアプリを見つけられます。

AndroRank(アンドロランク) このサイトについて
登録アプリ数 : 41,128件
Last Modified : 2016/12/08 07:17
 すべて (41128)
 
  エンタメ (2607)
  カスタマイズ (2642)
  コミック (246)
  ショッピング (325)
  スポーツ (1060)
  ツール (5744)
  ビジネス (474)
  ファイナンス (456)
  仕事効率化 (1686)
  自動車 (23)
  写真 (1096)
  書籍&参考書 (628)
  地図&ナビ (517)
  医療 (233)
  天気 (290)
  美容 (5)
  教育 (2008)
  旅行&地域 (680)
  通信 (839)
 
 ゲーム (13658)
  アクション (1225)
  アーケード (1816)
  カード (537)
  パズル (2320)
  ボード (249)
  ミニゲーム (2948)
  レース (430)
  言葉 (72)
  雑学 (135)
  頭脳系 (390)
  音楽&リズム (124)
  未分類 (31)
日本地震情報 (総合 25808位) ※2016/11/30時点
価格 : 無料
マーケット評価 : 3.8 (評価数 : 166)
ダウンロード数 : 10,000~50,000
  

カテゴリー : 天気 (アプリケーション)
バージョン : 2.2.3
マーケット更新日 : 2015/02/02
開発者 : iMobSoft
動作条件 : 4.0 以上
サイズ : -
情報取得日 : 2016/11/30
評価数の推移グラフ

※画像をクリックすると拡大します。


■ 概要
今現在または過去発生した地震情報が一覧に表示されます。

赤いのマックは最大震度5級以上の地震です
金色のマックは最大震度5以下、3以上の地震です
緑色のマックは最大震度3級以内の地震です。

一覧の色付けがあるので、はっきり分かります。

さらに気象庁の地震情報を発表したとたんにすぐ一覧に追加します。
一覧をタップすると、地震詳細情報が表示されます。
「地図へ」ボタンをタップすると、該当の震源地をマップで表示します。

マグニチュードと震度の違い

マグニチュードは最初アメリカの地震学者リヒターが考案した尺度であり、震源から放出される地震波のエネルギーの大きさを間接的に表現する手段として用いました。定義としては、震央(震源の真上の地表)から100kmの位置に設置してあるウッドアンダーソン型地震計の記録の片振幅(振れ幅の半分)をマイクロメートル(1/1000mm)の単位で読みとり、これを対数で表した数値としており、リヒタースケールと言われています。本来、マグニチュードはカリフォルニアに起こる浅い地震を対象としていたため、震源の深度は無視されています。その後の地震の研究によると、地震の性質が多様であり1種類の尺度では地震の規模を正確に表現できないため、7種類のマグニチュードがあるそうです。日本で普通に用いられているマグニチュードは、気象庁マグニチュードであり、日本周辺で起こる地震を日本で観測したときに最も無理なく表現できるように改良されたものが使用されています。気象庁マグニチュードをMで表します。
マグニチュードMの大きさによって、Mが7以上を「大地震」、5以上7未満を「中地震」、3以上5未満を「小地震」、1以上3未満を「微小地震」、1未満を「極微小地震」に分類されています。M7.8程度以上を「巨大地震」と呼ぶこともあります。


■ マーケットレビュー
  • 地震速報遅すぎ地震があったあとアプリ見たけど反応なし。webの速報で確認したら手早く済んで、その後アプリ見ても地震はありませんとか出ている、、、、
  • 時間のズレ見方としては、分かりやすいのだが、小笠原の発生時間が、10分もずれてる。発生時間は大事でしょう。
  • 情報が、TVの速報寄り遅くて使えない、もっと早くならないかな、
  • どの地震アプリよりも早くちゃんと知らせてくれてるから助かります❗ちょっと遅い時もあるけど💦
  • 便利なんだけどビミョー…
  • 地震起きた時間じゃない
  • 通知がおそいですね
  • 地震ビミョー
  • 素早い反応 OKです。
  • 通知のon-offが出来たら更に良い。←改善されました!
 一覧に戻る ※タイトルロゴをクリックしても戻れます。



Copyright (C) 2011-2016 AndroRank. All Rights Reserved.